インプラント治療を受けた時は

歯科でインプラント治療を受けた時の治療費は医療費控除の対象となります。自由診療なので保険適用外だから控除の対象にならないのでは、と思っている人もいますが、全て対象となります。歯科での治療費はもちろんですが、通院にかかった公共交通機関の料金、公共交通機関が使えない場合のタクシー代も控除の対象となります。基本的には1月1日〜12月31日までの医療費は翌年の確定申告時に申告をすることで所得税、住民税の負担が軽くなります。申告期間を過ぎてしまっていた場合でも過去5年間をさかのぼってインプラントの医療費控除ができます。それは治療費の一部がかえってくるようなものです。

医療費控除で節約上手になる

インプラントは健康保険は適用されませんが、医療費控除の対象になります。控除を受けるためには、1月から12月までに支払った医療費が10万円以上であることと、それを証明するための領収書が必要になります。治療費の中には、往復の交通費も含まれますので、バスや電車代が分かるようにメモを残しておくと便利です。インプラントの治療を受けた時は、必ず領収書を保管しておきましょう。税務署への申告をすれば、治療費の一部が戻ってくる制度ですが、申告しなければ戻ってきませんので、少しでも費用を抑えたいのであれば、このような制度を活用することをおすすめします。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントで口元のケア. All rights reserved.